ビジネスキャンプとは?

本イベントの概要を説明します

子どもだけで衣食住を回す生活

キャンプにおけるテントの設営、食事の準備、片付け、探索…島での仕事は全て子供達が自分で行います。子どもが失敗しそうになったり、実際に失敗したとしても大人は一切手助けをしません。

しかし「自分の力で生活できた」と言う事実は、大きな自信となって子供達の未来に力を与えてくれます。

独自の通貨を稼ぎ、使う

キャンプ中は、その期間内で使える独自の通貨を使用します。仕事や商売をすることでお金を得て、自分のために食事やサービスを購入したり、次の商品の仕入に使用したりします。

ただ稼ぐだけではなく、バランス良く使うことも体験するので、この社会における経済の仕組みを肌感覚で理解できるようになります。

大人は外国人観光客

大人たちはたくさんのお金を持ってキャンプを訪れます。そこで子どもたちの商品やサービスを購入して、楽しくのんびり過ごすことが仕事です。

子どもたちは刻一刻と変わる客(大人たち)のニーズをいち早く察知して、より良いビジネスを考え続けます。そのうち自分のやりたいことではなく、相手のしてほしいことが成功への近道だと気づくことでしょう。

働くもの自由、遊ぶのも自由

キャンプ中に、大人が子どもに指示を出すことはほとんどありません。働いて稼ぐのも遊んでのんびりするのも、全ては子どもの選択次第です。

しかし自分勝手ばかりでは、他の子どもとうまくやっていけなかったり、お金がなくてご飯が食べれなくなることもあります。自由な行動とは、自分でその結果を受け止めることだと身をもって知ることになります。

熱中する仕組み Gamification

本プログラムは人が熱中する仕組みを解析した「ゲーミフィケーション」という手法で組まれており、常に楽しく取り組めるような仕掛けが随所に施されています。

子供達のモチベーションが高い状態を維持することで、この経験はより強力な学びとなるでしょう。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス対策について

    はじめに感染症予防をめぐっては様々な考え方がありますが、不…

PAGE TOP